ラクトフェリンはダイエットに効くのか

ダイエットサプリメントというものは現在とても多くの品物が販売されています。

 

どれを選ぶか、どれが効果があるのかどうかはもちろん個人の自由であり使ってみなければわかりません。身体に良い栄養素と言われて注目を集めているラクトフェリンにもダイエット効果があることは有名で、ダイエットを目的とした使い方をしている人は少なくないようです。

 

ラクトフェリンが与えるダイエットの原理

 

ラクトフェリンを摂ることによって与えることの効果の中に、脂肪合成を抑制する効果や分解させる力を促進する効果があります。食事から得られる栄養は私たちが活動することに大切なエネルギー源です。しかしエネルギー源が多くて活動量が少ない場合、もしくは活動量以上に栄養を摂っている場合、栄養が消費される量が上回ってしまい余ってしまいます。

 

その余った栄養は脂肪細胞が合成して脂肪、つまりエネルギーを身体に蓄えてしまうのです。これがつまり太るというわけです。ラクトフェリンは脂肪合成を抑えることができ、さらに脂肪を分解させる(栄養を消費する)チカラを促進させるので、ダイエット効果につながると考えられているのです。

 

LPS不活性化で中性脂肪を減少させる

 

歯周病の原因であると考えられているLPSという毒素があるのですが、LPSはほかにもコレステロールや中性脂肪を増やしてしまう原因になっていることがわかりました。コレステロールと中性脂肪はダイエットを気にしている人なら聞いたことがある言葉だと思います。ラクトフェリンにはLPSをあまり活動させないようにする効果があるということが確認され、そのことからコレステロールと中性脂肪を減らすことにもつながっています。

今がチャンス!初回に限り半額!

ラクトフェリンの注文はこちら