ラクトフェリンと乳酸菌の違いはあるのか

ラクトフェリンと乳酸菌。

 

どちらも良く聞く名前ではないでしょうか。ラクトフェリンが母乳や生乳に多く含まれているのに対し、乳酸菌はヨーグルトや漬物などの発酵食品に多く含まれています。

 

乳酸菌とラクトフェリンは似ているようで違う物質

 

生成方法などもすべて違うふたつの物質ですが、一般的な知識としては二つとも同じものだと間違った認識をされていることが多いようです。

 

しかしラクトフェリンはタンパク質で、乳酸菌が善玉菌と呼ばれている身体の中で良い働きをする細菌からなっていますので、成分としては全然違うものだということがわかります。

 

それでは何故同じものだと間違って覚えられてしまっているのかというと、効果そのものはふたつとも似ているからだと考えられます。

 

ラクトフェリンは加熱していない生乳など限られたものにしかに含まれていないが、乳酸菌はいろんなものに含まれている

 

乳酸菌は種類も多くあり、あちこちに生息している菌として有名です。ラクトフェリンが生乳などの加工していないものに含まれているのに対し、乳酸菌は発酵していない牛乳はもちろん、牛乳を発酵させたチーズやヨーグルト、みそや納豆、日本酒やワインなどにも含まれています。

 

発酵食品にも含まれていることから、ラクトフェリンよりも乳酸菌の方が食品から摂り入れることが容易だというわけです。

 

二つの物質がもたらす作用

 

ラクトフェリンと乳酸菌は似たような効果をもたらしてくれまして、たとえば免疫力を上げること、ウイルスに対しての殺菌による感染症予防、腸内環境を整えることやアレルギー症状を緩和させるなど、多くの効果が共通していることがわかります。

 

違いを挙げるとすると、ラクトフェリンには乳酸菌にはないたくさんの効果があり、貧血を改善させる効果やドライアイを改善予防したりする効果は乳酸菌にはありません。

 

ラクトフェリンと乳酸菌の同時摂取はまったく問題がないので、同時に摂り入れても大丈夫です。もしくは体調の変化によってどちらを摂取するかを決めるのも良いと思います。

 

今がチャンス!初回に限り半額!

ラクトフェリンの注文はこちら